子育ても楽しく♪すっぴんでもキレイに♪自分らしく過ごしてHAPPYに♪

赤ちゃんが安心して過ごせる部屋作り。

ウチは実家暮らしだった為に、今まで大人だけで過ごしてきた空間は赤ちゃんにとって危険がいっぱいでした。
その反省を踏まえ、赤ちゃんが安心して過ごせる部屋作りを紹介します。

・赤ちゃん用品の収納場所を決めておく。
・赤ちゃんのお世話セットを手の届くところに用意しておく。
・お部屋はなるべくシンプルに。

赤ちゃん用品の収納場所を決めておく

これは特にオムツやミルクなどの消耗品ですね。
産まれてすぐはオムツがどのくらい入るのか、ミルクは入るのか分からないですし、
頻繁に買い物には行けないため、多めに買っておく場合も多いと思います。
そしてストック場所はママだけじゃなくパパも知っておく必要があります。
ストック場所が決まっていれば、パパが買いだめしたオムツも出しっ放しになる可能性もないでしょう。
家族でストック場所の共有することによってオムツが足りない!ってことも防げますね。

赤ちゃんのお世話セットを手の届くところに用意しておく

オムツ、おしりふき、ガーゼ、赤ちゃん用の綿棒、体温計、爪切りなど。
よく使うものは一つのカゴにまとめて赤ちゃんの近くに置いておくとよいです。
うちの場合はベビーベッドの下が収納になっていたので、
全てベビーベッドの下にカゴに入れてまとめておきました。
産まれてすぐはおへその消毒などのセットも一緒に。
あとお風呂上がりのクリームなんかも用意してましたよ!

お部屋はなるべくシンプルに

赤ちゃんがまだ動かないうちは気にならないのですが、
寝返りをし、ハイハイをしだすと色んなところが気になります。

子供の手が届くところに物を置かない

この高さなら届かないから…って思っていると結構危ないです。
尖った物や、重い物、口に入れたら危険なものはなるべく収納棚に入れましょう。
棚には子供がうっかり開けてしまわないようにロックをしておくのも重要です。

子供に危険なコンセントやコード

なるべく配線などは見えないところに配置しておくとよいでしょう。
赤ちゃんにとって長いものはとても興味があるのか、すぐ触って引っ張ったりします。
知らない間に首に巻き付いてたりと事故もありますので、注意が必要ですね。
コンセントはよだれの付いた手で指を穴に入れる危険がありますので、
しっかりとコンセントカバーをしておきましょう。

まとめ

子供が産まれてから家の中には危険がいっぱいなんだと本当に感じました。
お部屋をシンプルにしておくことで危険から守りやすくなるので、
なるべく産まれる前に部屋をスッキリしておくのがオススメです!
今は100円均一ショップなどにも赤ちゃんの安全対策グッズが売ってたりもしますので上手に活用しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です